膝の痛み

膝の痛み

全国には変形性膝関節症でお悩みの方が約2500万人いると推定されています。階段昇り降りの時や、寝ている間の激しい膝の痛みや曲がらない、伸びない、正座できないなどでお悩みの場合には、変形性膝関節症が原因かと思われます。
症状が軽い時には薬、シップ、温めるなどの温熱療法や物理療法で治療可能です。病状が進行すると、膝が伸び切らなくなり、O脚にもなって、痛みも強まります。O脚には足底板やサポーターを用いた装具療法をお勧めします。

強い痛みがある場合には、関節軟骨や半月板を損傷した可能性があり、超音波装置を用いて検査します。軟骨損傷や半月板損傷に伴う関節炎が疑われる場合には、ヒアルロン酸注射や鎮痛剤投与を行います。膝周囲の筋力が衰えて膝が伸びない場合には、症状に合わせた質の高い運動療法を処方致します。代表的な運動療法は下肢進展挙上訓練やウォーキングですが、当院で導入しているAlter-Gによる歩行訓練は、膝にかかる体重を軽減することが可能であり、大変有効です。少しでも無理なく続けられるような運動療法を考え、個別に対応致します。お悩みの方はどうぞお気軽にご相談ください。

なお、手術が必要と思われる方には、人工関節置換術をお勧めします。その際には当院連携先の専門医をご紹介差し上げます。

頻度の高い対象疾患

変形性関節症、半月板損傷、靱帯損傷など

  • Top